④ すいません


すいません

미안합니다 (ミアナンニダ)


ごめんなさい

미안해요 (ミアネヨ)


ごめんね

미안해 (ミアネ)


「未安(ミアン)」という漢字を語源とした謝罪のフレーズ。未安は日本や中国の辞書にはない漢字なので正確な由来は不明ですが、相手に対して悪いことをしたため未だに心の中にモヤモヤが残っていて安らかではないという心境を表しているのだと思われる。미안・ミアンを韓日辞典で調べてみると「他人に対して申し訳がないと思うこと」という意味の名詞として載っています。ミアンハンニダ⇒ミアナンニダ。ミアンエヨ⇒ミアネヨ。ミアンエ⇒ミアネとリエゾンして発音が縮められているから多少難しく感じるだけで、要は未安(ミアン)に丁寧度合いの違う”です”、”ます”の語尾をつけただけの言葉です。



申し訳ございません

죄송합니다 (チェーソンハムニダ)


ごめんなさい

죄송해요 (チェーソンへヨ)


「罪悚(チェーゾン)」という漢字を語源とした謝罪のフレーズ。罪悚は罪を恐れるという漢字ですが、日本語の意味としては”恐縮”になる。ミアンは友達や家族など親しい輪の中で使用する謝罪の言葉なのに対し、チェーソンは仕事の職場など社会の中で使用する謝罪の言葉です。たとえば、レストランのウェイターが客に謝罪するときはチェーソンハムニダ。ミスをして仲間のウェイターに謝罪するときにはチェーソンへヨ。のような使われ方をします。



Page top icon