② さようなら


さようなら

안녕히 가세요 (アンニョンヒ カセヨ)

無事にお行きください

안녕히 계세요 (アンニョンヒ ケーセヨ)

無事に居残りください


ハングルの”さようなら”の表現方法は世界の言語の中でも独特なものです。別れる際に”その場を立ち去る”のか”その場に居残る”のかでフレーズが変わります。その場に居残る場合は立ち去る相手に対して「無事にお行きください」。その場を立ち去る場合は居残る相手に対して「無事に居残りください」。

たとえば、商店街で知り合いに会って別れる場合、学校が終わって友達と別れる場合、どちらも家に帰るのだから両方「アンニョンヒ カセヨ」を使いますし、電話で会話をして別れる(切る)際にはどちらも「アンニョンヒ ケーセヨ」を使います。

余談ですが、私はカはcarだから行く、ケーは私は将棋で桂馬が上がるとすぐ取られてしまうのでケイ=(自陣に)残るってイメージで覚えてました。


また会いましょう

또 만나요 (ト マンナヨ)

また会いましょう

내일 또 만나요 (ネイル ト マンナヨ)

明日また会いましょう

오후 다섯시 또 만나요 (オフ タソッシ ト マンナヨ)

午後5時にまた会いましょう


また会いましょうというのは”さようなら”と同じ意味で必ずしもまた会いたいという意味ではありません。時間を指定した場合はまた会いたいという意思表示になりますが。トマンナヨ(止まんなよ)=早くあっちいけよ=バイバイと唱えれば一瞬で覚えられる。中学生のころ記憶術の教材を買ってもらって勉強してましたが、過激なイメージを植え付けると素早く覚えられて長く脳に定着します。



Page top icon